2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク集

« 50 MHz 帯 FT8 でインドと QSO | トップページ | 関西 VHF コンテスト 2022 の結果 »

2022年8月28日 (日)

430MHz帯用 50Ω:50Ω 強制バラン (2個目) を 7エレ スクエアループアンテナに組み込み

先月作製した 430 MHz 帯用 50 Ω:50 Ω 強制バランの (2個目) を、
7エレ スクエアループアンテナに組み込みました。

20220828_0001

20220828_0002

 


強制バランを組み込んだ7エレ スクエアループアンテナの特性を、
NanoVNA で確認しました。

7エレ ヘンテナのときと同様に、給電エレメントの (引き出し部分の) 長さが変わるため、
そのままでは VSWR の最低周波数が 448 MHz 付近にずれてしまいました。
なので、放射エレメントは再度作り直しです。
放射エレメントの長さを長くする必要がありますが、その長さ$\Delta l$は、

$$\Delta l = \left(\frac{300}{432}-\frac{300}{448}\right)\times 0.97 = 0.0241 [m] = 2.41 [cm]$$

となります。

放射エレメントを作り直したところで、再度 NanoVNA で測定。
結果は下図のようになりました。

■スミスチャート

20220828_0003

 

■抵抗成分とリアクタンス成分 
20220828_0004

 

■インピーダンス 
20220828_0006

 

■VSWR 
20220828_0005

 

強制バランを入れる前と若干特性が変わってしまいましたが、
よく使う 430 MHz から 433 MHz 付近では VSWR が 1.2 程度なので、
これで良しとしました。

 


昨晩、久しぶりに 7エレ スクエアループで運用しました。
特に問題は無く、FT8 では 1エリアの方とも QSO ができました。

430 MHz 帯は 7エレ ヘンテナがありますので、固定局からの普段使いはヘンテナになると思います。
7エレ スクエアループアンテナは、移動用にでも使いたいなと考えています。
(ただし、移動運用する気合いがあればの話ですが...)

 

<参考記事>
430MHz帯用 50Ω:50Ω 強制バランの検討(その1)
430MHz帯用 50Ω:50Ω 強制バランの検討(その2)
430MHz帯用 50Ω:50Ω 強制バランの検討(その3)
430MHz帯用 50Ω:50Ω 強制バランの検討(その4)
430MHz帯用 50Ω:50Ω 強制バランを 7エレ 1λヘンテナに組み込み
430 MHz 帯用 50 Ω:50 Ω 強制バランの製作 (2個目)

« 50 MHz 帯 FT8 でインドと QSO | トップページ | 関西 VHF コンテスト 2022 の結果 »

無線(アンテナ)」カテゴリの記事

コメント

50オーム:50オーム強制バランの完成に大変驚きました。25年位前のFCZ誌のプリントUバランで1:1バランを考察されたことを知りましてから、1:1強制バランを発表されました貴局の完成を本日知ることになりました。遅くなりました。おめでとうございます。私はUバランとその平衡線路となるべきQマッチ給電線を不平衡50オームマイクロストリップで延ばしており、さらに平衡線路とはならない程離れて接続しておりましたので、対向する25オーム終端抵抗での位相はオシロスコープで観測し10倍近い電圧差を観測し頓挫しておりました。110オーム平衡ケーブルは入手できることを存じ上げておりましたが、棚上げのままでした。アマチュア無線での給電部には不平衡のまま接続するタイプのものがほとんどですから市販バランの無いUHF帯以上での平衡接続が行えて精神衛生上でも素晴らしいことだと思います。そしてNanoVNAの威力が最も発揮された記事と思います。素晴らしい記事の御発表をありがとうございます。

je1oye さん、こんばんは。
お返事が遅れまして、申し訳ございません。コメントいただきまして、ありがとうございます。
430MHzの50Ω:50Ω強制バランですが、仰るとおりメーカー製もありませんし、自作品の作例もほぼ見かけませんね。
メーカーも手を出さないということは実現が難しいのではと勘ぐってしまい、本当にこれで良いのか少し自信が無いです。
しかし、特に弊害も無く何となく動作しているようなので、しばらく使ってみます。
実用を考えれば、給電点に同軸直付けの方が良いのかも知れませんが、精神衛生が得られたことと、欲しいと考えていた機能が実現できた (と思い込んでいるだけ?) という自己満足だけでも充分です。
200Ω⇔50Ωのマッチングは、Qマッチかヘアピンマッチ (ショートスタブ) か迷いましたが、ヘアピンマッチだとアンテナのインピーダンスを少し容量性に再調整する必要がありますので、これが面倒くさいのでQマッチにしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 50 MHz 帯 FT8 でインドと QSO | トップページ | 関西 VHF コンテスト 2022 の結果 »