2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク集

« 5V単電源 ウィーンブリッジ発振回路の検討 | トップページ | MSK144 での QSO (2022年 8月12〜13日 ペルセウス座流星群) »

2022年7月24日 (日)

WSJT-X 2.6.0-rc2 をインストールしました

7/21 に WSJT-X 2.6.0-rc2 がリリースされたようなので、早速インストールしてみました。
https://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/wsjtx.html

アップデート内容はリリースノートに記載されています。
https://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/Release_Notes.txt

リリースノートの WSJT-X 2.6.0-rc2 部分冒頭に
 WSJT-X 2.6.0 Release Candidate 2 brings a number of improvements as
 well as some bug fixes.
と書かれてあるので、改善に期待したいです。

以下リリースノートより抜粋ですが、

- Settings for T/R period and Submode are now remembered by mode when
  you switch directly between (for example) MSK144-15, Q65-60A,
  JT65C, or FST4-120.

- Tx and Rx audio frequencies are remembered and restored when you
  return from a mode that sets a default frequency of 1500 Hz
  (MSK144, FST4W, Echo, WSPR, FreqCal) and then switching back to
  FT4, FT8, Q65, JT65, or FST4.

などは、MS や EME もされる方には、ありがたい改善ではないでしょうか。
私もごく希ですが、MSK144 を使うときがありますので、大変助かります。

 


早速 WSJT-X 2.6.0-rc2 を使ってみました。
使用期限は、-rc1 と同じく、11月30日のようです。

20220724_0001

ヘビーな使い方をしていないので、細かいところまでは分かりませんが、
実際の交信で使用しても、特に不具合は見られませんでした。

« 5V単電源 ウィーンブリッジ発振回路の検討 | トップページ | MSK144 での QSO (2022年 8月12〜13日 ペルセウス座流星群) »

無線(PCソフト)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5V単電源 ウィーンブリッジ発振回路の検討 | トップページ | MSK144 での QSO (2022年 8月12〜13日 ペルセウス座流星群) »