2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

リンク集

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月の1件の記事

2022年6月26日 (日)

WSJT-X 2.6.0-rc1 を使ってみました

しばらく WSJT-X のアップデートのチェックをしていなかったので気付きませんでしたが、
最近アップデート版の 2.6.0-rc1 がリリースされたようです。
https://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/wsjtx.html

色々と改良が加えられたり、機能が追加されたりしているようですが、
詳しくはリリースノートに記載されています。
https://physics.princeton.edu/pulsar/k1jt/Release_Notes.txt

まだ rc-1 なのでバグは色々とある可能性がありますが、
試しにインストールし、実際の交信に使ってみました。

 


WSJT-X 2.6.0-rc1 を起動させてみました。
いつもどおり、英語表記で立ち上がるようにしています。

rcバージョンお約束の、使用期限のダイアログが毎回出ます。
WSJT-X 2.6.0-rc1 の使用期限は、11月30日のようです。

20220626_0001

実際に WSJT-X を起動させて最初に気がつくのが、モード選択ボタンと
「Call 1st」のチェックボックスの代わりにできたプルダウンメニューの部分です。 

モード選択ボタンはフォントの設定が悪いのか、ボタン内に文字が入りきっておらず、
不格好になっています。

実際に 144 MHz の FT8 で使ってみましたが、使い勝手は前バージョンをほぼ変わらずです。
基本的な機能しか使っていないので、細かいバグなどは特に見受けられませんでした。
(まだこれからかも知れませんが...)

「Call 1st」のチェックボックスの代わりにできたプルダウンメニューは、
 ・CQ : None
 ・CQ : First
 ・CQ : Max Dist
と選べますが、Max Distを選択すると、複数局からコールバックがあった場合に、
より遠い局をピックアップするようです。
デジタルモードのコンテスト用の便利機能らしいですが、通常 QSO でも使えそうですね。
ちゃんと機能するか試したかったのですが、今日はチャンスがありませんでした。

その他、デコード時に何回か A7 が出たのも気になりました。
しかも、SNR が +20 dB 以上の強力な局のデコードでです。
ほぼ同じ DF で、A7 無しと A7 付きの二つを同時にデコードするケースが何回か見られました。
何故なのかは不明です。

今のところ大きな不具合も無いので、私の環境では 2.5.4 に戻す必要も無さそうです。

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »