2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンク集

« ACライン用コモンモードフィルタのケース更新 | トップページ | 精密圧着ペンチを購入 »

2021年4月29日 (木)

USBオーディオインターフェース装置の製作

一ヶ月ぶりのブログ更新です。

タイトルは大層なのですが、活用できていなかった部品や基板を組み合わせて、
USB 経由で PC へ音声信号の入出力ができる装置を完成させました。

同等以上の性能の市販 USB オーディオインターフェースは、もっと安く買うことができると思います。
しかし、死蔵しかけていた遊休部品の有効活用を兼ねて、製作することにしました。


USB オーディオコーデックは、7年ほど前に購入したデジットのキットを使用しました。
基板自体は、2015 年の正月ごろに完成済みです。

20210429_0001

 

音声入力は、以前に製作したマイクアンプ Ver.2 を使用しました。
https://ji3csh.air-nifty.com/blog/2020/12/post-a57d80.html
https://ji3csh.air-nifty.com/blog/2021/01/post-940bb1.html

 


今回追加で製作した基板は、電源回路とヘッドホンアンプです。

電源回路は、ヘッドホンアンプに供給する ±9 V と、
USB オーディオコーデックおよびマイクアンプ供給する +5 V を生成します。
+5 V は、アナログ回路用とデジタル回路用とで分けるため、二系統設けました。

20210429_0002

回路は平凡なものです。
センタータップ付きのトランスに接続し、正負両電源を得ています。

20210429_0003

 

ヘッドホンアンプは、以前に製作したヘッドホンアンプの部品を流用しました。
https://ji3csh.air-nifty.com/blog/2018/06/1-1bb9.html
https://ji3csh.air-nifty.com/blog/2018/06/tpa6120a2-2-6f8.html
https://ji3csh.air-nifty.com/blog/2018/06/tpa6120a2-3-52a.html
(ちなみに、現在普段使っているヘッドホンアンプは、Ver.2 にアップデートしています)

20210429_0004

以前作ったヘッドホンアンプからは少し回路を変えています。
電源電圧は、±9 V としました。
TPA6120A2 は、Gain = 1 で使用しています。
その代わり、OPA2604 で Gain = 3 としています。
入力は電解コンデンサでカップリングして、DC カットさせました。

20210429_0005

 


出来上がった基板を並べてみました。
全て同じサイズで作っています。

20210429_0006

 

ケースに組み上げました。
ケースは、タカチの CU-14N です。
以前ヘッドホンアンプ用に購入したものの、結局使わず仕舞いで眠っていたものです。
中身はスカスカですが、良いサイズのケースが見つからなかったので、
遊休部品を活用することにしました。

20210429_0007

USB オーディオコーデック基板と電源基板は積み重ねています。

20210429_0008

パネル前面は、シールやレタリングを貼っていないので、非常に寂しい感じです。
向かって左側が MIC IN、右側が HEADPHONE OUT です。

20210429_0009

スイッチはパネル背面にあります。
USB コネクタも背面です。

20210429_0010

 


USB オーディオコーデックの PCM2906C のサンプリングが 16 bit / 48 kHz までなので、
特に高音質が得られる訳ではありませんが、オンライン会議や無線用途では充分かと思います。

« ACライン用コモンモードフィルタのケース更新 | トップページ | 精密圧着ペンチを購入 »

無線(工作)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ACライン用コモンモードフィルタのケース更新 | トップページ | 精密圧着ペンチを購入 »