2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

リンク集

« WSJT-Xの設定をリセットしてしまいました | トップページ | 全市全郡コンテスト 2020 の結果が発表 »

2021年2月14日 (日)

プリント基板の思い出

今でも時々プリント基板を自分で作ることがあります。

現在では PC 上の CAD を使ってレイアウト作製し、レーザープリンタで写真用紙に印刷したパターンを
アイロンで押しつけて熱転写しています。

 

電子工作を始めた中学生の頃は、生基板に油性ペンでパターンを手書きしていました。

また、サンハヤトの基板工作キットも使ったりしましたが、これはシールを切り抜いた上で
生基板に貼り付け、そこに修正液のような白いレジストを塗り、シールを剥がせば
白いレジストのパターンが残るようなものでした。

いずれも、あまり綺麗なパターンには仕上がらなかったです。

 

その後は、インスタントレタリングと黒いテープを生基板に貼っていました。
この頃から、まあまあ綺麗な基板ができるようになってきました。

それから、感光基板を使うようになりました。
トレーシングペーパーの方眼紙にインスタントレタリングやテープを貼って、マスクを作りました。
紫外線ランプを持っていなかったので、大抵は太陽光で感光させていました。
たまに現像段階で失敗することがあり、悔しい思いをしたりしました。
一時期は感光剤のスプレーも手に入り、感光基板を再生することができましたが、
それも入手が困難になりました。

PC を手に入れてからは、ドローイングソフトでレイアウトするようになりましたが、
配線ミスや抜けなどのチェックは手作業になるので、規模が大きくなると大変でした。

 

冒頭にも書きましたが、CAD が使えるようになってからは、CAD 上で LVS や DRC などの
チェックができるようになりましたので、随分楽になりましたし、ミスも殆ど無くなりました。

アイロンによる熱転写も覚えてからは、転写ミスしても何度もリカバリーできますので、
かなり気楽に作業できるようになりました。
プリント基板を作り始めた中学生の頃から思うと、かなりの進歩です。

プリント基板作りの自作手法は進歩しましたが、私の自作技量が中々進歩しないのは残念な点です。

 


基板上に転写したパターンのちょっとしたレタッチには、ペイントマーカーを使っています。

サンハヤトからはレジストペンが発売されていますが、結構なお値段します。
100 円ショップでもペイントマーカーを入手できますので、こちらの方がコスパが良いと思います。

 


この記事を書いている裏で、プリント基板を製作していました。

« WSJT-Xの設定をリセットしてしまいました | トップページ | 全市全郡コンテスト 2020 の結果が発表 »

無線(工作)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WSJT-Xの設定をリセットしてしまいました | トップページ | 全市全郡コンテスト 2020 の結果が発表 »