2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

リンク集

« 続々「無線局免許手続規則の一部を改正する省令」に肖って変更申請をしてみました | トップページ | TPA6120A2 を使ったヘッドホンアンプ Ver.2 の製作 »

2020年7月27日 (月)

50MHz用強制バランの製作記事について

ありがたいことですが、50 MHz 用 強制バランの製作記事へそこそこアクセスいただいています。

 50MHz用強制バランの製作 2

ただ私の文章力の無さから、
 この強制バランでアンテナの VSWR を改善させることが目的である
との誤解があるのではないかという懸念があります。

ある意味間違ってはいないかも知れませんが、この記事を書いた目的は、
「強制バラン単体での VSWR を1.0 に近づけること」
です。記事の冒頭にも追記しました。

理想の 1 : 1 強制バランは、50 Ω の不平衡端と 50 Ω の平衡端を変換するものだと思います。
よって、片端を 50 Ω で終端すると、反対側の片端からみた VSWR は 1.0 になるはずです。
記事の中でこだわっている VSWR は、この VSWR のことです。

 


アンテナはアンテナで (バランを接続せず) 給電点で 50 + 0j Ω に調整されていて、
バランはバランできれいに 50 + 0j Ω ⇔ 50 + 0j Ω の平衡ー不平衡 変換動作をする、
これが理想的な動作ではないでしょうか。

まあアマチュア無線なので、理想的な強制バランの動作をしていなくても、
アンテナ+バラン込みで VSWR が 1.0 に調整されていればそれで良しかもしれません。
バランがインピーダンスマッチング動作をしているかも知れませんが、
アマチュア無線を楽しむ上で、実使用には問題ないと思います。

ただ、キチッとした物も作ってみたいというのも楽しみの一つかと思い、
上記の記事を書いてみた次第です。

« 続々「無線局免許手続規則の一部を改正する省令」に肖って変更申請をしてみました | トップページ | TPA6120A2 を使ったヘッドホンアンプ Ver.2 の製作 »

無線(アンテナ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続々「無線局免許手続規則の一部を改正する省令」に肖って変更申請をしてみました | トップページ | TPA6120A2 を使ったヘッドホンアンプ Ver.2 の製作 »