2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンク集

« 絶縁型デジタルモード用インターフェースの検討 (その2) | トップページ | LED電球の故障 »

2020年2月25日 (火)

絶縁型デジタルモード用インターフェースの製作準備が整いました

発注していた基板がようやく届きました。
サイズは、100 mm × 125 mm で、ハガキより若干小さいです。

20200225_0001 

今回、初めて基板業者に依頼しました。中国の JLCPCB です。
2月4日に発注し、注文から三週間で入手できました。
新型コロナウィルスの影響で一週間ほど進捗が止まっていたのと、
輸送で一週間ほど掛かってしまったので、思っていたより少々遅かったです。
状況が状況だけに、仕方ないことではありますが... 

外観チェックしましたが、特に問題は無さそうです。
一箇所、ランドとシルク印刷が重なっているところがありましたが、
これはこちらの設計ミスです (チェック漏れでした)。

今度の週末から組み立て開始したいと思います。
さて、上手く動きますかね。

« 絶縁型デジタルモード用インターフェースの検討 (その2) | トップページ | LED電球の故障 »

無線(工作)」カテゴリの記事

コメント

ついに着手ですか、期待をしています。コンナシステム?もあるんですね、知りませんでした。
私の「・・・IF4CW」は平成の初めにRTTYのためにキットを入手し、その後、「・・・Gen3」でデジタルモードのために・・・古いリグにはこれを、新しいリグにはダイレクトにUSBで接続しています。
参考にさせていただきます。

達五郎さん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
今回作ろうとしているのは、USBIF4CW Gen.3 のように機能満載ではなく、データ、RTTY、CW などの通信をするために必要な最小限の機能しか備えていません。
自分用なので、自分が使いやすいようなモノであれば、それで良いという考えで製作しようと思っています。
インターフェースを使ったデータ通信の QSO も楽しいですが、回路設計や基板設計、組み立ても楽しんでいます。
まあ、どれもこれも全てがド素人レベルではありますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 絶縁型デジタルモード用インターフェースの検討 (その2) | トップページ | LED電球の故障 »