2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

リンク集

« フィールドデーコンテスト 2018 の結果 | トップページ | 冬眠中 »

2018年12月 1日 (土)

ドライバトランス ST-78 の周波数特性

デジタルモードのインタフェース作製用にと、以前購入したドライバートランス ST-78 です。

20181201_0001

巻数比は 1:1 で、インピーダンスは 10 kΩ: 10 kΩとなっています。


メーカーの橋本電気株式会社 (http://www.hashimoto-trans.co.jp) のホームページから、
周波数特性を知ることはできますが (カタログ:http://www.hashimoto-trans.co.jp/frame/stcat.pdf) 、
実際はどんなもんかちょっと測ってみました。


まずは、信号源のインピーダンスを 10 kΩ、二次側を 10 kΩで終端し、インピーダンスマッチングを
取った形で測定してみました。
データは、1 kHz 時のトランス一次側入力端の振幅で Normalize した値としました。

20181201_0002


当たり前でしょうが、カタログのデータと概ね同等です。
300 Hz 以下あたりから減衰が目立ちます。
デジタルモードで使用するにしても、もう少し低域は欲しいところかと思います。


次に、信号源のインピーダンスを少し下げて、同様に測定してみました。
二次側のインピーダンス (終端抵抗) は 10 kΩのままです。

20181201_0003


信号源のインピーダンスを下げると、低域の周波数特性が伸びる傾向にあります。
周波数特性だけでいうと、1 kΩぐらいがちょうど良さそうな感じでした。

« フィールドデーコンテスト 2018 の結果 | トップページ | 冬眠中 »

無線(工作)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライバトランス ST-78 の周波数特性:

« フィールドデーコンテスト 2018 の結果 | トップページ | 冬眠中 »