2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー「無線(QSO)」の81件の記事

2018年1月 3日 (水)

QSOパーティー 2018 (2日目)

今日はアンテナを取り替えて、50 MHz で交信をしました。

SSB には出るつもりがなかったので、CW で交信したかったのですが、
誰も聞こえてきませんし、CQ を何回か出しても空振りに終わりました。

であればデジタルモードでということで、FT8 で電波を出してみました。
一応 4 QSO できたのですが、結構グダグダな交信になってしまいました。

オペレーター名を送り忘れて再送信に手間取ったり、オペレータ名を送信してもらえなかったり、
中々スムーズに交信が進みませんでした。

FT8 はデコードしてから次の送信までの時間がとても短いので、
マクロにフリーメッセージを登録していても、中々難しいです。
その点、JT65 は 1 QSO の時間は掛かりますが、臨機応変に対応できるだけの余裕があり、
あまり失敗することは無いように思います(昨年の QSO パーティーの経験より)。


今日の結果は、
   50MHz: 4 (FT8:4)
でした。

2018年1月 2日 (火)

QSOパーティー 2018 (1日目)

今年の QSO パーティーは、のんびり昼頃から無線の準備を始めました。

まず、1200 MHz の FM からスタート。
普段とは打って変わって、バンド内が賑わっています。
昼過ぎから QSO を開始し、約一時間ほど掛けて、のんびり 5 QSO しました。
例年、1 バンド 5 QSO 以上という目標を勝手に設定して参加していますので、
まだもう少し QSO できそうでしたが、1200 MHz でのオンエアは終了することにしました。

アンテナを取り替え、次は 144 MHz に。
最初 CW をワッチしてみましたが、誰も出ていないので CQ を出してみました。
結構しつこく CQ を出していて、ようやく 3 QSO しました。

粘っていても QSO 数が伸びなさそうなので、SSB に移りました。
しばらく呼びに回った後、CQ を出したら引っ切りなしにコールいただき、
あっという間に 20 QSO に到達しました。

他のバンドに移ろうかと思いましたが、外は暗く寒くなってきましたので、
アンテナを交換するのも面倒くさくなり、今日は 144 MHz のままいくことにしました。
JT65 や FT8 でも電波を出してみましたが、応答は全くありませんでした。

珍しく、144.460 MHz で PSK31 の電波を聞きました。
MMVARI でデコードはできたのですが、送信設定が整っていませんでしたので、
残念ながら QSO までには至りませんでした。


今日のQSO数は、
  144MHz:21 (CW:3, SSB:18)
 1200MHz: 5 (FM:5)
   Total:26
でした。

明日は、他のバンドで電波を出したいと思います。
昼過ぎまでの運用になると思います。

2017年12月24日 (日)

2017/12/23~24のQSO

この週末は、50MHzのFT8で3QSOしました。

JT65も時々ワッチしたりCQを出したりしてみたのですが、
信号が聞こえてきませんでした。
50MHzの国内QSOも、FT8が主流になりつつあるのでしょうね。

こぐま座流星群のピークが12/23の0時頃とのことでしたので、
一日遅いとは知りつつMSK144でしばらくワッチしてみましたが、
全く信号は聞こえてきませんでした。

あまりクリスマス感のしない週末でした。

2017年12月10日 (日)

144MHz、430MHzでFT8の1st QSO

この週末は、144MHzと430MHzのデジタルモードでQSOを楽しみました。

TS-2000の周波数安定性が心配で、さすがにFT8では厳しいかと思っていましたが、
リグを充分エージングしておくことと、部屋を暖かくしておくことで、何とか430MHzでも
FT8でQSOすることができました。

この週末のQSOは以下のとおりです。

144MHz FT8 (1QSO):
JA2VDX

144MHz JT65A (1QSO):
JA3HKO

430MHz FT8 (3QSO):
JA5TDE, JP3MAL, JA3OKC

430MHz FM (1QSO):
JR3LEZ


144MHzのJT65Aで、1エリアの方のCQが-11dBぐらいでデコードできたのですが、
ちょうど所用で出かけていたので、残念ながらQSOはできませんでした。
ただ、1エリアとQSOできる可能性は出てきたのかなと思います。

また、144MHzでCQを出していたところ、どなたかからコールバックをいただいたのですが、
周波数ズレが大きく (送信中にどんどん周波数がずれていく)、デコードできませんでした。
"QRH NO DECODE" と素っ気ないメッセージを送信してしまい、申し訳ございませんでした。
又の機会に交信できればと思います。

2017年11月26日 (日)

2017/11/25~26のQSO

また三週間ほど空いてしまいましたが、この週末交信を楽しみました。
前回に続き、7MHzでのオンエアです。


CQ WW DXコンテストのCWも開催されていますので、少し呼び回りもしてみました。

ベランダから突き出したマイクロバートアンテナではさすがに厳しく、
誰もコールしていない状況で何回も繰り返し呼ばないとピックアップしてもらえませんでした。
弱い電波では、混信+ノイズに埋もれてしまっているのでしょう。

まあそれでも、W, KH6, TI, LU, UA9, UP, UR, BYなどができました。
ゾーン14, 15あたりは聞こえていましたが、取ってもらえませんでした。

2013年も同様にCQ WW DXコンテストで7MHzに出てみましたが、
このときもかなりしんどい状況でした。
WW CWに7MHz MVアンテナで参加してみた

最近デジタルモードでの交信が多くなり、CWの聞き取りが落ちています。
ときどきCW FreakやMorse Runnerなどやってみますが、レベルが落ちてきました。
コンテストで高速CWを聞いて、もっと訓練が必要なことを痛感しました。


CQ WW DXコンテストとは別に、デジタルモードでも交信をしました。
夜は7.076MHzで東南アジアの局を中心にFT8でQSO。
ヨーロッパ圏のロシアとも一応QSOができました。

11/26の朝は、7.041MHzで国内QSO。
呼びに回ったり、CQを出したりして9QSO。
コンディションが良ければ、マイクロバートアンテナでも、
国内のデジタルモードならまあまあ遊べるかなという感じでした。


QSOしていただきました各局、ありがとうございました。

2017年11月 5日 (日)

久しぶりに7MHzでオンエアしました

この三連休、久しぶりにオンエアしました。
全市全郡コンテスト以来なので、約一ヶ月空いたことになります。

最初18MHzや50MHzのFT8やJT65でQSOしていたのですが、あまり調子が良くなかったので、
何となく7MHzにでも出てみようかと思い、マイクロバートアンテナを引っ張り出してきました。

開局当初は7MHzのフルサイズダイポールしかアンテナが無かったこともあり、SSB/CW問わず
よくQSOしていたのですが、アパマンハムになってからは満足なアンテナを設置することができず、
電波もあまり飛んでいってくれないので、今では気乗りのしないバンドになってしまいました。


今日の午前中からワッチしてみましたが、国内がよく開けています。
デジタルモードも賑やかで、軒並みレポートが+数dBでデコードしています。

7MHzのデジタルモードは今回初めてで慣れておらず、7.041MHz付近で特にJT65とFT8の周波数は
暗黙のルールのようなものがあるのかもとも思っていましたが、どうもそうではないように感じました。

FT8でQSOしていたところ、いきなり某OMのJT65がモロかぶりしてきました。
当然FT8のデコードができなくなりましたので、QSOの相手局に何度も同じメッセージを再送し、
JT65のCQが終わったタイミングでようやくデコードできるようになり、何とかQSO成立しました。

ショボいアンテナでしたが、FT8, JT9 合わせて9QSOできました。


ところで、WSJT-Xはver 1.8.0の正式版がリリースされたようで、先日インストールしました。
その前に、ver 1.8.0 rc3もインストールしていたのですが、QSOに使用することなく正式版に
アップデートしてしまいました。
rc1の時にあったFT8のAuto Sequenceのバグも解消されており、各交信とも概ね順調に進みました。

2017年8月28日 (月)

H2Bの電波型式でのRTTY送信試験

H2Bを含め、いくつか妙な電波型式の指定を受けているものの、
これらでの交信相手はおらず、あまり使い道がありません。

折角色々実験ができるようにと申請したのに、
持ち腐れのままでは勿体ないようにも感じます。

と言うわけで、H2Bの電波型式で試験電波を出してみようと思い立ちました。
今回はアンテナを繋がず、ダミーロードを使っての実験です。


実験では、TS-2000 で送信し、TS-590の AM モードで受信させました。
RTTYのソフトは、両方ともMMTTYです。


MMTTYのデコード結果です。
一応デコードできることが確認できました。

20170828_0001


受信音はこちらです。
RTTY_using_H2B_mode.mp3

ハム音などあり、あまり綺麗な信号とは言えません。
イマイチな感があり、まだまだ課題は有るかもしれません。


今回は興味本位でやってみましたが、一応デコードできたという達成感を得ることはできました。
しかし、色々設定を変えてやる必要があり、手間の割に特にメリットも感じませんので、
あまりお薦めの電波型式ではないと思います。

2017年8月20日 (日)

FT8で1st QSO

お盆休みはオンエアできませんでしたので、二週間ぶりのQSOです。


50MHzをワッチしていたら、50.313MHzでJA5FFJ局がFT8でCQを
出しているのを見つけ、早速コールしてみました。
幸いすぐにレポートを送信してもらい、QSOがスタートしました。

先日の実験でAuto Sequenceが上手くいかず、ここから先はいささか不安でしたが、
今回はレポートを返すところまでは自動で進みました。
「受信終了→デコード→送信」までの時間がとても短い(約2秒)ため、
あれこれ考える時間的余裕もなく、気がついたらレポートをちゃんと返していた
という感じです。
その後、73の送出はマニュアルで操作しました。
あっという間に、FT8の1st QSOは完了してしまいました。

ネットで見て知ってはいましたが、やはりQSOはとても慌ただしく感じました。
Auto Sequeceは必要な機能だと思います。


その後、何度かFT8でCQを出したりしましたが、ほとんど空振りに終わりました。
夕方、唯一JM1SZY局からコールをいただきました。
今度はこちらがCQの立場ですが、Call 1stにチェックを入れておいたので、
勝手にレポート送出まで進んでくれました。
その後はマニュアル操作でQSO終了まで進めました。

FT8では2QSOだけでしたが、CQを出す側/コールする側の両方を
体験することができ、何となく感触は掴めたかと思います。
慌ただしさはありますが、短時間でQSOできるのは魅力的に思いました。


あと、今日はJT65でも2QSOしました。
本日は以下の4QSOです。

50MHz JT65A (2QSO): JL3CEY, 9M2/JE1SCJ
50MHz FT8 (2QSO): JA5FFJ, JM1SZY

QSOいただいたみなさま、ありがとうございました。

2017年7月16日 (日)

2017/7/16のQSO

約1ヶ月ぶりに、50MHzに出ました。

夕方にはヨーロッパが開けていたようです。
私のところでは、アンテナがショボいため、一瞬EAをデコードしたのみで、
あとは全く入感しませんでした。

近場のBY, BY, DUあたりは、強力にデコードできました。
国内もEsで8エリアあたりが聞こえていました。

CQ DXを出される方が多く、結構気を遣います。
電波を出すときは、極力Oddとするようにしました。

DXが開けだしてから、耳の悪い弱小局の当方は、かなり窮屈に感じるようになりました。
マンネリ感と相まって、最近のアクティビティ低下の一因にもなっていると思います。


本日は以下の2QSOです。

50MHz JT65A(2QSO): BV2LA, BG1NAL

QSOいただいたみなさま、ありがとうございました。

2017年6月11日 (日)

2017/6/10〜6/11のQSO

この週末、三週間ぶりに無線を楽しみました。
50MHzでヨーロッパが開けていたようで、JT65も凄く賑やかでした。
残念ながらヨーロッパとの交信はできず仕舞いでしたが...。


6/10は午前中から50MHzに出て、JT65で1QSO。
日中は出かけていて、夕方に戻ったらWSJT-XのBand Activityウインドウが凄いことになっていました。
ヨーロッパが開けているらしく、JA各局がコールしたりCQ DXを出したりしています。
うちのショボいベランダ2エレでも、EA6VQをデコードしています。

20170611_0001

何回かコールしてみましたが、かすりもしません。
他の皆さんのところでは、F, YO, I, DL, SVなどデコードしているようですが、
こちらでは悲しいかな、全く入感しません。


しばらくすると、EA8DBMもデコードしました。
レポートは-15で、ウォーターフォールもしっかり見えていますので、
これはいけるのではないかと何度もコールしました。

20170611_0002

が、コールしているうちにコンディションが落ちていき、空振りに終わりました。
PSKRで確認してみましたが、全く引っ掛かっていなかったようです。
やっぱりショボいベランダ2エレではヨーロッパは厳しいか。
余裕でQSOされている皆様方が非常に羨ましいです。

23時頃にはBVをデコードしていましたので、コールしてQSOしました。
遅くまでEsが開けていたようです。


6/11は午前中に、JT65とCWでHLとQSOしました。
夕方に覗いてみると、やはりヨーロッパが開けているのか、皆さんコールされています。
しかし残念ながらEA3BKI以外はデコードできません。

20170611_0003

だんだんコンディションが落ちていくのが分かりましたし、QSO出来る気もしなかったので、
コールすらしませんでした。
何か急に面白くなくなり、早々にリグ・アンテナを片付けてしまいました。


二日間で以下の4QSOです。

50MHz JT65A(3QSO):
JJ3JHP, BV2Y, HL1LUA

50MHz CW(1QSO):
6K0TY

QSOいただいたみなさま、ありがとうございました。

より以前の記事一覧