2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

カテゴリー「無線(コンテスト)」の54件の記事

2017年8月31日 (木)

オールJAコンテスト 2017 の結果

昨日、オールJAコンテストのLog Check Reportがメールで届きました。
JARLのHPを見ると、結果も発表されています。


提出したログは全く問題なく、減点も無しでログ提出時の得点のままでした。
結果はというと、C50部門で、3エリア内26局中7位。
まあ、定位置あたりかなと思います。


次はXPOコンテストだと思いますが、出ようかどうか迷っています。

2017年8月 6日 (日)

フィールドデーコンテスト 2017

2年ぶりに、フィールドデーコンテストに参加しました。

4大コンテストではありますが、固定局からの参加なので、いまいち力が入りません。
どのバンドで出ようか直前まで迷いましたが、Esが楽しめそうな50MHz CWにしました。
アンテナを二つ準備するのも面倒くさかったので、今回アンテナは2エレV型ビームのみです。

一応18:00過ぎからスタートしましたが、すぐに買い物に出かけたりしたので中断。
その後、夜はテレビを見たり他のことをしたりして、合間でのながら運用になりました。
二日目も8:30前からのスロースタート、やる気の無さが表れています。

20170806_0001


結局72QSOで終了。
しかし、適度に楽しめました。

20170806_0002

オンエアした時間帯では、二日目の9:00ぐらいに弱いEsが一瞬開けたぐらいです。
8エリアとは3QSOのみでした。

あと、8:30前後に1エリア (10, 15, 12, 14) と立て続けにQSOできました。
その直後に、7エリア (04) もQSOできました。
こちらのCQに対して呼んでいただいたので、ちょっとビックリです。
短時間のコンディションが良かった時間帯にQSOできて、ラッキーでした。

西方面は、台風の影響なのかあまり聞こえてきませんでした。
アンテナを北西向け固定にしていたのも、一因なのかもしれませんが。

20170806_0003


大半は50WでQSOしましたが、時々お遊びでパワーを絞って、
5Wでコールしたりしてみました。
コールバックは無理かなと思われる状況でも、皆さんの耳が良かったのか、
実際はすんなりコールバックが有り、意外に5Wでもいけるのではないかと思いました。


ログはC50で提出予定です。
QSOいただきました各局、ありがとうございました。

2017年7月 2日 (日)

6m AND DOWN コンテスト 2017

またオンエアが三週間遠ざかっていました。

今年も6m AND DOWN コンテストには出ましたが、今回は430MHzシングルバンド CWでの参加です。
山の上に登るか立派なアンテナでオンエアしないと勝ち目はありませんが、
先日作った7エレ クワッドアンテナの飛びを試してみたかったので、
敢えてこのバンドにしてみました。


過去マルチバンドで出ていたときには、430MHzは50QSOできれば良い方でした。
今回は89QSOと、自分としてはまあまあ満足な結果が残せたと思います。
ただ、移動されている常勝局が何局かおられ、入賞にはほど遠い局数・点数です。

20170702_0001


今回マルチは19個と、結構取れました。
あと、聞こえたけど取れなかったのは36
取れそうで取れなかったのは29といったところでしょうか。

20170702_0002


自宅から430MHzで初めて1エリアだけでなく、何と7エリアまでQSOできました。
今回のハイライトです。

16は23:00前に、JR1MEG/1局とQSO。しっかりとした信号で聞こえていました。
何回かコールしたりナンバーを送り直したりしましたが、無事QSOできました。
その後も夜中から二日目まで、信号は安定してずっと聞こえていました。
グラウンドウェーブだと思われますが、かなりロケの良い所に移動されていたのだと思います。

14は二日目の昼前にJK1JHU/1局とQSO。
お互いにかなり苦しかったですが、何度もコールしてようやくQSOに到りました。

14に続いて07のJA7YAA/7局とQSO。
フワフワとフェージングを伴っていましたが、ちょうどコンディションが良かった瞬間だったのか、
かなりしっかりした信号で、CQが聞こえてきました。これにはビックリしました。
急いでコールしたら、すぐに応答あり。あっさりとQSOできました。
その後しばらくは聞こえていました。
後で調べてみたら、その時間帯には144MHz帯でラジオダクトによるQSOがあったようなので、
これもラジオダクトによる伝播だったのでしょうか。
それと、誰も気付いていないのか、既に皆さんQSO済みなのか分かりませんが、
3エリアからは誰もコールしていませんでした。
誰か他にQSOされた方はいらっしゃいますか。


相手局のロケーションや設備に助けられたとはいえ、
自作アンテナでここまで飛んでくれたことは非常に嬉しいことです。

しかし、ちょっと距離の離れた固定局とのQSOはかなり苦しく、
やはりアパマンアンテナではQSO数が伸び悩みます。
移動局には敵いません。


いつもどおり夜中は充分休息をとりました。
二日目は昼から出かけましたので、実質13時前での運用終了となりました。
(14:55に帰宅しましたが、数回空振りCQ出して終了となりました)

20170702_0003


終了後すぐにHAMLOGにデータをインポート。
また、eQSLccにもデータをアップロードしました。

QSOいただきました皆様、ありがとうございました。

2017年5月14日 (日)

関西VHFコンテスト 2017

関西VHFコンテストに参加しました。

例年は28〜1200MHzのマルチバンドで出ていたのですが、
何かアンテナを準備するのが面倒くさくなり、
電信部門144MHzシングルバンドでの参加となりました。

マルチバンドだと、例年144MHzは50QSO程度でしたが、
今回は96QSOと、大きく伸ばすことができました。

20170514_0001

20170514_0002


初日で50QSOは超えてしまいました。
いつもながら、夜中はグッスリと寝ました。

今回、群馬に移動のJH1PVJ/1局と交信できました。
電波は良く届いていて、私のショボい設備でも539ぐらいで聞こえていました。
よほどロケの良いところに移動されていたのだろうと思います。

0エリアの方からも呼ばれていたのですが、かぶり・ノイズ・フェージングで取り切れず、
残念ながら、交信にはいたりませんでした。

QSOしていただきました各局、ありがとうございました。

2017年4月30日 (日)

オールJAコンテスト 2017

オールJAコンテストに参加しました。

今年は50MHz CWに出ました。
アンテナは2エレV型ビームアンテナとアローラインを準備し、切り替えながら運用しました。


スタート時は割とバンド内は賑やかでした。バンドの下から順に呼びに回ります。
一通り呼び回った後、22時前からCQを出すと、パラパラと呼んでもらえました。
日が変わる頃にはだんだんバンド内が寂しくなってきて、CQを出しているのも既にQSO済みの方ばかりです。
1時半ぐらいまで粘り、60QSO弱で初日の運用を終了しました。


二日目は8時からスタート。
パラパラとQSOできますが、昼が近づくにつれペースが落ちてきました。
午前中に一瞬7エリア(JA7KPI)が聞こえたのですが、それきりコンディションは開けなかったと思います。

夕方も1エリアがフワフワと聞こえてきますが、浮き沈みが激しい。
国内のEsは今回開けなかったように思います(聞こえなかっただけかもしれませんが)。
夕方には、CQを出していたらBV3TOから呼ばれてビックリしました。

途中外出したり休んだりして、121QSOで終了。

20170430_0001


取れたマルチは、09, 10, 12, 19〜27, 29, 31, 34〜37, 39 です。

20170430_0002


今回、2エレV型ビームアンテナは東北東方向に向けて運用しましたが、
1エリアとのQSOはかなり苦しかったです.
やはり、アパマンのベランダアンテナでは、中々辛いものがあります。


11(JM1SZY), 13(不明), 14(JR1ZTT)は聞こえていたものの、
コールしても反応がありません。

12はJI1ACIとQSOできました。
かなり耳が良いのでしょう。こちらでカスカスにしか聞こえていませんでしたが、
何回かコールしたらすぐにピックアップしてもらえました。

10はJA1ZGPは何度も呼び倒しました。
諦めかけていましたが、スッと浮いてきたところでコールし、
最後の最後にようやくに辛うじて取ってもらえました。


ログは早いうちに提出しておこうと思います。
QSOいただきました各局、ありがとうございました。

2017年2月 7日 (火)

全市全郡コンテスト 2016の結果

全市全郡コンテストのLog Check Reportがメールで届きました。
2局ほど怪しい(疑わしい)QSOがあったと思っていましたが、

********************* ログチェック結果まとめ *******************
0 重複交信 (0点)
0 参加種目外交信 (0点)
0 コンテスト対象バンド外交信 (0点)
0 コールサイン受信間違い (無得点)
0 ナンバーコピーエラー (無得点)
0 バンド記載間違い (無得点)
0 時刻記載エラー (減点なし)
0 このログだけに記載されているコールサイン (減点なし)

との結果でしたので、思い過ごしでした。疑って申し訳なかったです。
今回も減点は無かったようで、何よりでした。


JARL コンテストのHPで結果を確認すると、C144で関西1位入賞でした。
常勝局がおられなかったようで、棚ぼたの入賞だったと思います。
6m AND DOWNコンテストに続き、入賞できてラッキーでした。

ところで、アクセスカウンターが知らない間に100,000を超えていました。

2016年10月14日 (金)

6m AND DOWN コンテスト 2016の結果

本日、6m AND DOWNコンテストのLog Check Reportが届きました。
減点は無かったようで、何よりでした。

既に結果も発表されており、期待もせず確認すると、何とC144で関西1位入賞となっていてビックリです。
6m AND DOWNコンテストでの入賞は初めてだと思います。
過去の成績と比べると、すごく低レベルなのでお恥ずかしい限りですが...。

これでようやく、四大コンテストの全てで入賞したこととなりました。

2016年10月10日 (月)

全市全郡コンテスト 2016

今年も去年と同じく、144MHz CWで参加しました。

21:00から呼びに回わりましたが、いつもながらバンドは賑やかではありません。
一通りQSOした後に、のんびりとCQを出しました。

夜中はいつもどおり休息、日中はお出かけ。
昨年(65QSO)と同等程度まではいきたいと思っておりましたが、何とか超えることはできました。

ところで今回、2局ほど怪しい(疑わしい)QSOがありました。
コールやナンバーがコピーできていないのではなく、ご本人とのQSOではないかもしれないということです。
偶々なのかわかりませんが、どちらも同じコンテストナンバーでした。
私の認識が間違っているようでしたらご本人に大変失礼ですし、特にこちらには非が無い(その場でのQSOは
成立している)と思いますので、ログはそのまま出そうかと思っています。

コンテスト終了間際、CTESTWINの設定を少し触っていたら、急にプログラムが落ちました。
バックアップファイルがあるだろうから大丈夫だろうと思っていたのですが、1時間分ぐらいのデータが
保存されていませんでした。
1〜2QSOしかしていないはずで、1QSOは思い出して入力し直しましたが、ひょっとしたら1QSOは落として
いるかもしれません。
またやってしまいました。


20161010_0001


ログはまだ出していませんが、提出予定です。

2016年9月19日 (月)

XPOコンテスト 2016

XPOコンテストがあるのは知っていましたが、あまり参加する気はありませんでした。

アンテナは一昨日から50MHzを設置していましたので、そのまま50MHz CWに10時前から参戦。
JT65/JT9の周波数を避けて、バンドの上の方でオンエアしました。
何の盛り上がりも無く、11時過ぎには終了。リグ・アンテナを片付けました。
1時間強の運用で14QSO、何も面白くなかったです。

20160919_0001

20160919_0002

20160919_0003

取りあえずログは提出します。

2016年7月 3日 (日)

6m AND DOWN コンテスト 2016

予告していたとおり、今年の6m AND DOWN コンテストは部分参加でした。
シングルバンドで出ることに決めていましたが、どのバンドに出るかは悩みました。
結局、うちで一番安定して飛んでくれている144MHz CWへ出ることにしました。

初日は帰宅が21時前になり、そこからリグやアンテナの準備を始めたので、30分ほど出遅れました。
少し呼びに回った後、CQを出したら結構呼んでいただいて、割と調子よくランニングできました。
22時台は、1時間で32QSOできています。先日の関西VHFコンテストとはえらい違いです。

疲れもあったせいで、0時を過ぎると眠たくなり、早々にQRTしました。

二日目は9時前から復帰、ペースは落ちていますが、それでも結構QSOできました。
午後は外出する用事があり、お昼前に100QSOできたところで切り上げました。

今回シングルバンドで出たこともあるのでしょうが、自宅から144MHz CWで100QSOできたのは初めてです。
1エリアもQSOできました。
部分参加でしたが、割と楽しめたコンテストでした。

20160703_0001

より以前の記事一覧