2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« TPA6120A2 を使ったヘッドホンアンプの製作 (その1) | トップページ | 2018年6月18日 通勤途中で地震に遭遇 »

2018年6月17日 (日)

TPA6120A2 を使ったヘッドホンアンプの製作 (その2)

先週組み立てた基板のコネクタ配線を作り、バラック状態ですが音出しまで行いました。

20180617_0001


現時点での、アンプ部の回路図は以下のとおりです。

20180617_0002

TPA6120A2 の周辺回路は、データシートに載っているシングルエンド入力、非反転、ゲイン2倍
のものほぼそのままです。
入力部に OPA2604 のボルテージフォロワを置いています。

発熱が気になりましたが、電源電圧が ±12 V ではほんのり暖かくなるぐらいで、問題無さそうです。


まず PC に繋いで音を聞いてみました。ヘッドホンは、ゼンハイザーの HD206 です。
ヘッドホン有り無しで、音質も音量もほぼ変わりません。
耳が肥えていないので、違いがあまり分かりませんでした。
音が悪くなっているようには思えませんでした。


次に無線機 (TS-590S) に繋いで聞いてみました。
ヘッドホンアンプ無しだと、高域のハリみたいなものは感じられるものの、
低音が少なく薄っぺらい感じがします。
ヘッドホンアンプを通すと、低域がしっかり出て、音に厚みが出るように感じられました。
AM 放送とかで聞き比べすると、顕著に差が分かります。

4/22 に考察したように、TS-590S のヘッドホン端子の出力インピーダンスは 120 Ω と思われ、
そこにインピーダンスの低いヘッドホンを繋ぐと、高域が強調された音になるはずです。
ヘッドホンアンプを通すことにより、アンプ出力のインピーダンスが下がり、
周波数特性が改善された効果が確認できたものと思われます。


もう少しだけゲインはあった方が良さそうなので、TPA6120A2 の帰還抵抗を
1.8 kΩ ぐらいにしてみようかと考えています (電圧ゲインで 3 dB up)。


ケースも買ってあるのですが、無駄に大きいので、どうしようか迷い中です。

関連記事
TPA6120A2 を使ったヘッドホンアンプの製作 (その3)
TPA6120A2 を使ったヘッドホンアンプの製作 (その1)
ヘッドホンアンプの検討

« TPA6120A2 を使ったヘッドホンアンプの製作 (その1) | トップページ | 2018年6月18日 通勤途中で地震に遭遇 »

無線(工作)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/66841598

この記事へのトラックバック一覧です: TPA6120A2 を使ったヘッドホンアンプの製作 (その2):

« TPA6120A2 を使ったヘッドホンアンプの製作 (その1) | トップページ | 2018年6月18日 通勤途中で地震に遭遇 »