2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ヘッドホンアンプの検討 | トップページ | TPA6120A2 を使ったヘッドホンアンプの製作 (その1) »

2018年6月 3日 (日)

2018/6/2のQSO

関西 VHF コンテスト以来なので、三週間ぶりに無線を楽しみました。

午後から 24 MHz の FT8 に出てみましたが、コンディションがイマイチだったので、
すぐに 18 MHz の FT8 に下りました。

夕方からは、ヨーロッパの信号が聞こえ出してきます。
加えて、国内のコンディションがまずまずだったので、18.100 〜 18.102 MHz あたりは、
ビッシリ信号が埋まっており、非常に賑やかでした。
一方、18.102 〜 18.104 MHz あたりはガランとしていて、JT65 / JT9 の信号は聞こえてきませんでした。

こちらの信号は弱いので、賑やかな信号に埋没してしまっているようで、中々 QSO ができません。
それでも何とか、国内、海外合わせて 16 QSO できました。
うち 1 QSO は、JT65 です。CQ を出してみて、コールバックをいただけました。

今回、3B8FA と QSO できたのは良かったと思います。
こちらでのデコードが、-18 dB 前後とあまり強くなかったので、正直 QSO できるとは思っていませんでした。
しかし、スプリットでコールして、何とか奇跡的にピックアップしてもらえ、とても嬉しかったです。
早々に eQSL もいただきました。

20180603_0001

3B9FR もデコードしていて、コールしていたのですが、こちらは残念ながら QSO できませんでした。


一方、スペインから SWL カードをいただきました。

20180603_0002

南米の CX8DS をコールしているときのレポートのようです。
(結局、CX とは QSO できませんでしたが ... 残念!)
夜中は西回りで南米が入感しています。
しかし、私の電波は大西洋を越えることができず、スペイン止まりだったようです。

« ヘッドホンアンプの検討 | トップページ | TPA6120A2 を使ったヘッドホンアンプの製作 (その1) »

無線(QSO)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/66791041

この記事へのトラックバック一覧です: 2018/6/2のQSO:

« ヘッドホンアンプの検討 | トップページ | TPA6120A2 を使ったヘッドホンアンプの製作 (その1) »