2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« FT8のAuto sequenceが上手くいかない | トップページ | TS-950SDX SUBの受信周波数拡張 »

2017年8月20日 (日)

FT8で1st QSO

お盆休みはオンエアできませんでしたので、二週間ぶりのQSOです。


50MHzをワッチしていたら、50.313MHzでJA5FFJ局がFT8でCQを
出しているのを見つけ、早速コールしてみました。
幸いすぐにレポートを送信してもらい、QSOがスタートしました。

先日の実験でAuto Sequenceが上手くいかず、ここから先はいささか不安でしたが、
今回はレポートを返すところまでは自動で進みました。
「受信終了→デコード→送信」までの時間がとても短い(約2秒)ため、
あれこれ考える時間的余裕もなく、気がついたらレポートをちゃんと返していた
という感じです。
その後、73の送出はマニュアルで操作しました。
あっという間に、FT8の1st QSOは完了してしまいました。

ネットで見て知ってはいましたが、やはりQSOはとても慌ただしく感じました。
Auto Sequeceは必要な機能だと思います。


その後、何度かFT8でCQを出したりしましたが、ほとんど空振りに終わりました。
夕方、唯一JM1SZY局からコールをいただきました。
今度はこちらがCQの立場ですが、Call 1stにチェックを入れておいたので、
勝手にレポート送出まで進んでくれました。
その後はマニュアル操作でQSO終了まで進めました。

FT8では2QSOだけでしたが、CQを出す側/コールする側の両方を
体験することができ、何となく感触は掴めたかと思います。
慌ただしさはありますが、短時間でQSOできるのは魅力的に思いました。


あと、今日はJT65でも2QSOしました。
本日は以下の4QSOです。

50MHz JT65A (2QSO): JL3CEY, 9M2/JE1SCJ
50MHz FT8 (2QSO): JA5FFJ, JM1SZY

QSOいただいたみなさま、ありがとうございました。

« FT8のAuto sequenceが上手くいかない | トップページ | TS-950SDX SUBの受信周波数拡張 »

無線(QSO)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/65689263

この記事へのトラックバック一覧です: FT8で1st QSO:

« FT8のAuto sequenceが上手くいかない | トップページ | TS-950SDX SUBの受信周波数拡張 »