2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« MSK144, QRA64のモード追加を申請 | トップページ | MSK144の変調方式について、ちょっと考察 »

2017年1月 5日 (木)

JT9E~JT9HのFastモード

WSJT-X User Guideを読み返していたら、
JT9E~JT9GにFastモードが存在することに気がつきました(確認もれです)。

Table 4に諸元の記載があり、例えばJT9E (Fast) だと
 Keying rate 25 ボー
 Bandwidth 225 Hz
となっています。

Tone Spacingの記載はありませんが、 Bandwidth=2M+2Dk で、k=1として逆算すると
おそらく25Hzだと思われます。
JT9AやQRA64Aと同じく、Keying rateとTone Spacingが同じ値となっています。

試しにJT9E (Fast) の信号を、Wavespectraで見てみると、

20170107_0001

Txを700Hzとしたときのスペクトラムで、9トーンが25Hz毎の等間隔に並んでいます。
周波数偏移幅は200Hzであることもわかり、25Hz×(9-1)=200Hzと合致しています。

JT9F~JT9HのFastモードについても、同様に考えて問題ないと思われます。
よって、諸元は以下のようになると思います。

◆JT9(Fastモード)装置◆
方式        :副搬送波 9FSK
通信速度     :25ボー/50ボー/100ボー/200ボー
副搬送波周波数:1000Hz以下
周波数偏移幅  :+200Hz/+400Hz/+800Hz/+1600Hz
符号構成     :WSJT, JT9E/JT9F/JT9G/JT9H
電波型式     :F1D

今回は申請に含めていませんので、次回何かのついでに申請しようと思います。

« MSK144, QRA64のモード追加を申請 | トップページ | MSK144の変調方式について、ちょっと考察 »

無線(免許)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/64725639

この記事へのトラックバック一覧です: JT9E~JT9HのFastモード:

« MSK144, QRA64のモード追加を申請 | トップページ | MSK144の変調方式について、ちょっと考察 »