2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 試験の思い出 | トップページ | 2016/8/14のQSO »

2016年7月11日 (月)

ご理解とご協力をお願いいたします?

※気が狂ったのではありません。前々からずっと気になっていただけです。

「ご理解とご協力をよろしくお願いいたします」という言葉をよく耳にします。
しかし、このフレーズに少々違和感を感じていました。

普段利用しているJRさんでも耳にすることが多いので、その例を挙げると、
 (決してJRさんだけを指して、批判している訳ではありません)
「エレベータの設置工事を行っておりますので、ホームが一部狭くなっているところがございます。
ご利用のお客様にはご不便をおかけいたしますが、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。」
といった放送が...。

”ホームが狭く危険な部分がある、またホームが混雑することが予想される”
といったような不便があることを理解してくれというのは分かります。
しかし、私に何を協力せよというのでしょうか。
確かに、お互いに譲り合ってくださいね、介助が必要な人などがいたら手伝ってあげてくださいね、
といった協力をお願いされるのは、アホな私でも少し考えたら分かりました。

では次に、線路工事で運休する案内のこれはどうでしょう。
「線路切換工事に伴い、○月×日△時ごろから、●●線 ■■~▲▲駅間の運転を見合わせます。
ご利用のお客様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。」

運休になり不便になるが、将来の利便性のため仕方ないことは理解します。
でも、何を協力(力を貸す)してくれというのでしょうか。その日は出かけるなということでしょうか。
私みたいに屁理屈言わずに、おとなしくしておいてくれということでしょうか。工事を手伝えということでしょうか。
逆に、協力しなかったらどうなるのでしょう。そんな選択肢は無いですよね。
昔から国語が苦手だったアホな私には、行間が読めません。とても違和感を感じるのは私だけでしょうか。

この場合、単に「ご理解をお願いいたします」だけとか、あるいは「ご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします」
で良いのではないかという気がします。

偶々JR批判のようになってしまいましたが、他の鉄道会社、企業でも良く聞きます。
「ご理解とご協力をお願いいたします」が、お詫びの定番フレーズになってしまっているように思えますが、
使い分けも必要なのではないかと感じます。

そんなこと言ってるオマエも、ちゃんとした日本語を書けや!と怒鳴られそうですが。

« 試験の思い出 | トップページ | 2016/8/14のQSO »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/63897034

この記事へのトラックバック一覧です: ご理解とご協力をお願いいたします?:

« 試験の思い出 | トップページ | 2016/8/14のQSO »