2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« オール滋賀コンテスト 2015 | トップページ | 大学の無線部OB会 2015 »

2015年7月21日 (火)

DC電源を増設

TS-590SとTS-2000SX、DC電源を必要とするリグを二台所有しています。
しかし、DC電源は一台しか持っていません。

普段は、TS-590SとTS-2000SXを同時に使うことはありません。
しかし6m AND DOWNコンテストや関西VHFコンテストなどでマルチバンドに出るときは、
同時に出番があります(同時に送信はしませんが)。

30Aクラスのスイッチング電源(DM-330MV)に、二台のリグをぶら下げていますが、
今のところ問題なかったものの、不安を感じながら使ってきました。
色々と迷いはありましたが、ようやくもう一台電源を導入することにしました。

どうせならもう少し電流容量の大きいものが良いと思い、40AクラスのGZV4000を導入しました。

20150721_0001


ネットで調べていたら、ファンの音がうるさいと評判は良くなさそうでしたが、実際使ってみたら、
私の家の環境では特に気にはならないレベルでした。

あとこれもネットに書かれていましたが、背面の出力端子(陸式ターミナル)のネジが完全に外れません。
リグのDC電源コード先端は、丸形の圧着端子で処理していますので、このままでは接続できません。
GZV4000の陸式ターミナルを交換するか、圧着端子をY型に交換するか、どちらかが必要です。
近くのホームセンターでは、M6穴のY型圧着端子は置いていませんでした。
折角購入したのですが、使用は当面お預けになりそうです。

« オール滋賀コンテスト 2015 | トップページ | 大学の無線部OB会 2015 »

無線(リグ・周辺機器)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/61923748

この記事へのトラックバック一覧です: DC電源を増設:

« オール滋賀コンテスト 2015 | トップページ | 大学の無線部OB会 2015 »