2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月の2件の記事

2015年6月28日 (日)

2015/6/27、28のQSO

この週末も、18MHzと24MHzに出ました。
しかし、3エリアではいまいちEsはパッとせず、中距離/近距離は開きませんでした。
二日間で10QSO、今回そのうち7QSOがRTTYです。
オンエアの大半が、空振りCQでした。

RTTYをしていて気がついたのですが、100Wで送信していると、HFV-5のコイルが結構熱を持ちます。
HFV-5の耐電力は、21〜50MHzが220W(SSB)なので、連続送信となるRTTYで100Wは
厳しいかもしれません。(18MHzは、21MHz用のコイルを使っています)
なので、途中から、RTTYは50Wに低減して送信しました。

MMTTYのマクロも少々手直ししたので、少しはまともなQSOに近づいたのではないかと思っています。
QSOいただきました各局、ありがとうございました。

来週は、6m and DOWNコンテストに出たいと思っています。

2015年6月21日 (日)

RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その5)

休日のたびに、少しずつ基板のパターン設計をしていました。
牛歩のような進捗ですが、ようやく一通り配線が引けました。

20150621_0001


基板は両面仕様にしました。
穴開けの数を減らすため、抵抗・コンデンサはチップを多用することにしました。
自分で基板をエッチングし、部品も手付けするので、チップ部品は3216サイズとしています。

最初に配置した部品の位置が良くなかったので、配線の引き回しに結構苦労しました。
もう少し見直しの余地はあると思いますが、最終チェックの後に、基板作製へ移りたいと思います。


関連記事
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースVer.2の作製
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その12)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その11)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その10)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その9)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その8)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その7)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その6)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その4)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その3)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その2)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その1)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »