2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その3) | トップページ | 全市全郡の賞状が届いた »

2015年5月 6日 (水)

RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その4)

GW休暇中に、とりあえず一通り形にしておきたかったので、回路図を引きました。

20150506_0001

といっても、寄せ集めの回路ですが...。

GL850GとPCM2906の両方に12MHzの水晶を使っていますが、
下手すると互いに干渉し合うかもしれません。
一つの発振回路からクロックを分配してやればよいのでしょうが、
クロックバッファーとか設けるのも面倒くさいので、まずはこれで進めてみます。

音声入出力のレベルは合っていないかもしれませんので、
アンプのゲインを決める抵抗値は再計算が必要かと思います。
帯域も無線用に絞らないといけないので、LPFのカットオフ周波数を下げるべく、
定数変更が必要です。今回はとりあえず仮置きの値です。

タカチのプラスチックケース TWN7-5-11 ぐらいに収めたいと考えており、
基板のサイズは最大96.5mm×61.5mmになりますが、部品点数が多く、
上手く収まりきるか不安です。
おそらく両面基板にしないといけないでしょう。

とりあえず、進捗はここまででした。


関連記事
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースVer.2の作製
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その12)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その11)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その10)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その9)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その8)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その7)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その6)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その5)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その3)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その2)
RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その1)

« RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その3) | トップページ | 全市全郡の賞状が届いた »

無線(工作)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/61548781

この記事へのトラックバック一覧です: RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その4):

« RTTY, PSK, SSTV用インターフェースの作製(その3) | トップページ | 全市全郡の賞状が届いた »