2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014/12/21のQSO | トップページ | 2014年の振り返り »

2014年12月31日 (水)

測定器を入手

トラッキングジェネレータ付のスペクトラムアナライザを手に入れました。もちろん中古です。
試しに火を入れてみました。

トラジェネ出力をスペアナ入力へダイレクトに接続。

20141231_0001

1GHzまでスイープしたが、トラジェネ出力が調子悪いのか、低い周波数側で出力振幅が低下しています。
ノーマライズが上手く行かず、周波数特性を測定するときには苦労しそうです。


スペアナの入力は50Ωですが、50Ωのプローブを持っていません。
仕方がないので、オシロスコープをバッファーとして使ったらどうなるか、試してみました。
まずは、オシロスコープ本体の周波数特性を見てみます。
オシロスコープのCH2出力(50Ω)をスペアナに接続。
また、トラジェネ出力は、オシロスコープのCH2出力に直接接続し、50Ω終端に設定。

20141231_0002

手持ちのオシロスコープは300MHz帯域ですが、250MHzぐらいから周波数特性が落ちています。
まあ、自分がこれから使うであろう周波数範囲では、許容できるかなと思われます。
50Ωのプローブぐらいは欲しいけど、先立つものがありません。

スペアナを手に入れたは良いが、宝の持ち腐れになってしまいそうです。何か使い道を考えなければ!!
使わなければ、単なる汚くて場所の取る鉄の塊にしか過ぎず、家族からも邪魔者扱いを受けそうで...。

« 2014/12/21のQSO | トップページ | 2014年の振り返り »

無線(工作)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/60899081

この記事へのトラックバック一覧です: 測定器を入手:

« 2014/12/21のQSO | トップページ | 2014年の振り返り »