2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ALL JAの賞状が届いた | トップページ | DC電源が故障? »

2014年11月 2日 (日)

TS-950SDXのリグコントロール用インターフェースの作製2

先日、TS-950SDX用のリグコントロールインターフェースを作りましたが、
前回の製作記の内容に間違いのあることが判りました。

やはりTS-950SDXのシリアル通信仕様に合わせて、FT232RLの出力を論理反転する必要があります。
FTDI社から提供されている、"FT Prog"というソフトを使い、EEPROMのデータを書き換えます。
具体的には、"Hardware Specific"の下の"Invert RS232 Signals"の項目で、
Invert TXD, Invert RXD, Invert RTS#, Invert CTS#の4つにチェックマークを入れて、出力極性を反転させます。
その内容でEEPROMに書き込めば、OKです。

20141102_0001

結局、これらの信号の極性を反転しないと、リグコントロールはできませんでした。


出力の極性反転を設定後、ハムログでリグコントロールを試してみますと、2テンポぐらい遅れますが、
Clearボタンを押さなくても周波数は自動で追従します。モード変更時は、直ぐに反応します。

14.000MHz USBの状態を読み込んだところです。ちゃんと周波数とモードを読み取っています。

20141102_0002


次に、CTESTWINでもリグの情報を読み込ませてみます。
Band Mapでは、ちゃんと14.00000MHzと周波数の状態を正確に読み込んでいます。
しかし、周波数リストでは、13.999MHzとなっており、微妙なズレが生じています。
周波数を変えてみると、ズレが有ったり無かったりと、常に一定のズレが生じていると言うわけではなさそうです。

20141102_0003

この理由は不明ですが、さして影響は無く、実用上は問題ないと思いますので、特にこれ以上追求はしません。


まだケースに収めていませんが、とりあえず今回のインターフェースの作製は完結です。

« ALL JAの賞状が届いた | トップページ | DC電源が故障? »

無線(工作)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/60584759

この記事へのトラックバック一覧です: TS-950SDXのリグコントロール用インターフェースの作製2:

« ALL JAの賞状が届いた | トップページ | DC電源が故障? »