2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 大学の無線部OB会 | トップページ | TS-950SDX 電解コンデンサ交換(1) »

2014年6月28日 (土)

144MHz 5エレ八木の製作

144MHzのアンテナは、一年半ほど6エレ八木を使ってきました。
しかしブーム長が2mあり、マンションの狭いベランダに設置するには少々大きく、
かつ通路からも目立ちやすいので、5エレにスペックダウンすることにしました。

以前430MHzのアンテナを12エレ(ブーム長2m)から8エレ(ブーム長1m)へと
小型化しましたが、特に飛びが悪くなったとは感じませんでした。
144MHzも同じ考えで、アンテナを回さないのであれば、ビームパターンが
ブロードな方が良いと思われます。

アンテナの設計はMMANAを使い、6エレと同じ給電インピーダンスとなるように、
ビームパターンとF/B比を見ながら、カットアンドトライでエレメント間隔を調整しました。


エレメントは、クリエート社製 2X209AのRef(黒), Rad, D1(茶), D2(赤), D3(橙)をそのまま利用。
エレメント間隔は下図のとおりで、ブーム長は、約1.45mとなりました。

20140628_0001_2


シミュレーション結果は、下図のとおりです。
上が今まで使っていた6エレ八木、下が今回設計した5エレ八木のシミュレーション結果

20140628_0002_2

20140628_0003

シミュレーション結果では、Ga=10.52dBi、F/B=18.04dBでした。


ブームにエレメントを仮止めし、アンテナアナライザてVSWRを測定すると、144.2MHz付近で1.1程度。
室内でかつ手持ちで測定した結果ですが、ほぼシミュレーションどおりだったので、エレメント間隔を
再調整することなく、そのままネジ止めして固定することにしました。

20140628_0004


出来上がったアンテナをマストに取り付け、VSWRを再測定。
144.8MHz付近で約1.1、144MHz付近では1.2〜1.3程度です。まあこれでOKです。

20140628_0005


飛びを試したく、CWでCQを出してみましたが、中々交信相手が見つかりません。
ようやく奈良の方と1QSOできましたが、今までの飛び具合と変わらない感じでした。
また、明日も少しQSOにトライしてみようと思います。

« 大学の無線部OB会 | トップページ | TS-950SDX 電解コンデンサ交換(1) »

無線(アンテナ)」カテゴリの記事

コメント

JI3CSHさん、
初めまして、JP3FQT大迫と申します。
144MHzの5エレ八木アンテナを拝見させて頂きました。
すごくよく出来ているいると思いました。
良かったら、教えて頂けないでしょうか?

以上

JP3FQTさん、こんにちは。
このアンテナですが、クリエート社の2X209Aという製品(9エレ八木2列スタック)のエレメントを流用してつくりました。
材料は、以下のとおりです。
・2X209Aのエレメント 5本 (長さは私の実測値)
   リフレクタ(黒):10Φ×1040mm
   ラジエータ
   第1ディレクタ(茶):10Φ×950mm
   第2ディレクタ(赤):10Φ×930mm
   第3ディレクタ(橙):10Φ×910mm
・M5×40mmのネジ(ステンレス製) 4本
・M5×30mmの蝶ボルト(ステンレス製) 1本
・M5蝶ナット(ステンレス製) 4本
・ブーム;20mm×20mm×1.5m長×1mm厚のアルミ角パイプ
・ブームクランプ;グラスファイバー工研製 【ステンレス】Uブラ (UB-351)
・M6の蝶ナット(ステンレス製)

あとは、記事に記載の寸法に、エレメントを固定していきました。

もしこの記事のとおり製作されるのであれば、中古でも構わないので、2X209Aのエレメントを入手されてください。
少なくとも、ラジエータだけは入手は必要だと思います。
このラジエータを流用することで、給電部のマッチング回路を作る手間が省けますし、50Wでも余裕で使えます。
ラジエータについては、2012年12月16日に分解した記事を書きましたので、参考にしてください。
http://ji3csh.air-nifty.com/blog/2012/12/144mhz-8cee.html

ラジエータ以外のエレメント4本は、自作しても良いと思います。
私の場合は全てのエレメントを流用しましたので、エレメント長は上記のまま変えませんでした。
なので、エレメント間隔だけでゲインやF/B比、給電インピーダンスを合わせ込んでいきました。
エレメントを自作されるなら、エレメント長も自由に設定できますので、もっと良い性能のアンテナが
設計できるのではないかと思います。

あくまでも私の場合はこれで上手く行きましたが、アンテナの設置環境でも、アンテナの性能は変わりますので、状況に応じて多少の合わせ込みは必要かと思います。
アンテナ調整には、アンテナアナライザがあると非常に便利です。

長くなりましたが、ご参考になれば幸いです。

JI3CSH橘 様

早速、ありがとうございます。

早速、参考にさせて頂きます。

忙しい中、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/59892707

この記事へのトラックバック一覧です: 144MHz 5エレ八木の製作:

« 大学の無線部OB会 | トップページ | TS-950SDX 電解コンデンサ交換(1) »