2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 144MHzのリグ、アンテナは問題なかった | トップページ | ライフメンバー »

2014年2月 9日 (日)

京都コンテストのログ整理と雑感

一週間経って、ようやくコンテストログの整理とチェックをしました。

コンテストで普段使っているzlogは第二マルチに対応していないので、
ボランティア番号をピックアップして手直しすることになります。
得点も手計算でやり直し、ようやく電子ログを提出しました。

ログをチェックしていると、つくづくユニークなコンテストナンバーだなと思います。
しかしユニークな故に、規約をご存じない方からコールされると、説明が結構面倒です。
特に私は説明下手なので、しどろもどろになってしまいます。

思い出してみると、過去はもっと変なコンテストナンバーでした。
1980年半ばの頃は、RS(T)+QTH+従事者免許番号+送信機終段管名だったように
記憶しています。

当時は実家の固定局から出ており、TL-922で500Wの局免許を受けたばかりで、
5923/EAIH****/3-500Zとかを送信していたと思います
100Wを超える局が今より少なかった時代で、結構優越感(単なる自己満足?)に
浸ることができました。

1990年前半は、確かもう少しシンプルなコンテストナンバーに変わっていたと思います。
当時のログが残っていないので、残念ながら詳細は思い出せません。

JARL京都のHPを見ると、1996年分からコンテスト規約が記載されています。
このときには、ボランティア番号は無いものの、ほぼ今のようなスタイルになっています。
まあ過去に比べると、随分シンプルになりました。

今日までのカードも印刷が終わりました。
だいぶ溜まってきたので、そろそろ発送しようと思っています。

« 144MHzのリグ、アンテナは問題なかった | トップページ | ライフメンバー »

無線(コンテスト)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/59096175

この記事へのトラックバック一覧です: 京都コンテストのログ整理と雑感:

« 144MHzのリグ、アンテナは問題なかった | トップページ | ライフメンバー »