2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 7MHz用マイクロバートアンテナの改造 | トップページ | 144MHzのリグ、アンテナは問題なかった »

2014年2月 2日 (日)

京都コンテスト 2014

京都コンテストの時期がやってきました。
例年は50MHz以上のV/UHF帯でコンテストに参加していましたが、今年はHFを含め
自宅からできるだけ多くのバンドに出てみることにしました。さすがに1.9MHzはQRV
できませんので、3.5MHzから1200MHzまでの全バンドでQSOするのが目標です。

リグはTS-2000SXなので問題ないのですが、アンテナが問題です。
3.5MHz、7MHzはMVアンテナ。21MHz、28MHzは短縮ダイポール(HFV-5)。
50MHzは2エレΣビームかアローライン、144MHz以上は八木でいくことにしました。

残る14MHzのアンテナが悩みどころです。HFV-5でも良いのですが、帯域が狭いので
CWとSSBのどちらかしか出られません。そこで急遽MVアンテナを作ることにしました。
14MHz MVアンテナは初日の午前中から作製に取りかかり、午後には調整まで
完了しました。

そのほかのアンテナも夕方までに準備し、調整も前もって済ませました。
21MHzと28MHzのHFV-5は、SSBの周波数帯に合わせておきました。
狭いベランダが、足の踏み場も無いくらい散らかってしまいました。

全バンドのアンテナをいっぺんに設置できないので、バンドチェンジ毎に
アンテナも取り替えることになります。このため、5〜10分のロスタイムが
必ず発生してしまいます。

さてQSOの結果ですが、

   3.5   60
     7   95
    14   17
    21   12
    28   13
    50   37
   144   33
   430   42
  1200   14
 Total  323

入賞にはほど遠いですが、まあ目標としていた全てのバンドでQSOできたので、満足です。
今年はオールバンドでがんばっておられる方が、遠征組含めて3〜4名
おられました。優勝争いのレベルは高いのではないかと思います。

今回のコンテストでも、いろいろとハプニングなどありました。
まず、144MHzでトラブルに見舞われました。
いつになくALCメーターが振れており、パワーが30Wぐらいしか出ていません。
おかげで、QSO数が伸びません。アンテナを組み立て間違えたか、またはリグが
故障したかと一瞬疑いました。
その後、1200MHzも同じ同軸を使ったのですが、同じようにパワーが5Wぐらいしか出ません。
同軸を交換したら10W出るようになりました。おそらく144MHzも同じ原因だったと思われます。

21MHzで小笠原からコールいただきました。OGというマルチをもらうのは初めてです。

あと、3.5MHzと7MHzのSSBにもQRVしましたが、何と、約20年ぶりです。
現在では7.1MHz以上でもQSOできますが、オフバンドしているようで、気持ち悪いです。

まだログは整理できていませんが、今年はマルチAでエントリーしようと思います。
QSOいただきました各局、ありがとうございました。

« 7MHz用マイクロバートアンテナの改造 | トップページ | 144MHzのリグ、アンテナは問題なかった »

無線(コンテスト)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/59058984

この記事へのトラックバック一覧です: 京都コンテスト 2014:

« 7MHz用マイクロバートアンテナの改造 | トップページ | 144MHzのリグ、アンテナは問題なかった »