2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 京都コンテスト 2014 | トップページ | 京都コンテストのログ整理と雑感 »

2014年2月 8日 (土)

144MHzのリグ、アンテナは問題なかった

先週末に参加した京都コンテストで、144MHzが30Wぐらいしか出ないという
トラブルが発生しましたが、気になっていたので今朝再確認しました。

今朝は雪の降る厳しい寒さですが、悴む手で144MHzのアンテナを組み立て、
リグをセットして確認してみました。

基本的なことですが、リグの出力調整メニューで50Wになっているのは、
先週の運用時に確認済みです。

まずは、先週使用したものと別の同軸ケーブルで、

20140208_0001

ALCもいつも程度の振れで、パワーも50Wぐらい出ていそうです。


次に、先週使用した同軸ケーブルとの組み合わせでは、

20140208_0002

先ほどと、変わりません。問題ないようです。


ついでにSWR計を繋いで測ってみました。

20140208_0003

VSWRはわかりにくいですが、1:1.2〜1.3です。
パワーも50Wを僅かに切るぐらい出ており、何ら問題無さそうです。


では、先週のトラブルは何だったのだろうか。
アンテナの組み立てミス?、コネクタの緩み?、・・・
原因不明ですが、リグ、アンテナとも問題なしなので、安心しました。
ただ、再発しないかどうかは、しばらくウォッチしないとあきません。

今回のコンテストはSSB主体で運用しており、通常でもパワーメーターの振れは
鈍く、気づくのが遅れました。CWで送信してはじめて気づきましたが、
コンテスト開始前に確認しておくべきだったことが、反省点です。

« 京都コンテスト 2014 | トップページ | 京都コンテストのログ整理と雑感 »

無線(アンテナ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/59092020

この記事へのトラックバック一覧です: 144MHzのリグ、アンテナは問題なかった:

« 京都コンテスト 2014 | トップページ | 京都コンテストのログ整理と雑感 »