2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 全市全郡コンテスト 2013 | トップページ | 6m AND DOWN コンテストのLog Check Reportと結果発表 »

2013年10月14日 (月)

RFチョーク/コモンモードフィルタの特性

一昨日作ったRFチョークの特性を測ってみました。
OM諸氏によって情報やデータなどはすでに蓄積されていると思いますが、
一度自分でも確かめておきたいと思い、真似事をしてみることにしました。

高度な測定器は持ち合わせてないので、SGから信号を与えて、周波数を変えながら
オシロスコープで振幅を測っていくという、原始的な方法で行いました。
とりあえず50Ω終端として、入出力の振幅測定値から計算でインピーダンスを
求めました。

201310140001


手持ちのSGは周波数の上限が16MHzなので、高域の特性が測れません。
アンテナアナライザをSG代わりにしようとしましたが、イマイチだったので
使いませんでした。

結果は、トロイダルコア活用百科に掲載の特性と、概ね一致しています。
やはり再現性は高いですね。

Rfc_no1

Rfc_no2
 グラフ上:FT240-43に3.5D-QEFVを15回巻き
 グラフ下:FT240-43 二個スタックに3.5D-QEFVを14回巻き


ただ10MHz以上の特性が若干異なっており、フィルタの特性そのものか、
測定環境によるものかはわかりません。

マイクロバートアンテナのRFチョークとして、10kΩ以上のインピーダンスが
必要ならば、3.5MHzや7MHzではグラフ下のものを使わないといけないことが
わかりました。3.5MHzでは、若干10kΩを下回ってますね。

一方、コモンモードフィルタとしてみれば、トロイダルコア活用百科によると、
3kΩ以上のインピーダンスが目標なので、どちらも3.5MHz以上で使えそうです。

ちなみに、5D-2Vにスリーブコアを15個通したフィルタの特性も、同じように
測ってみました。

Rfc_no3

インピーダンスが一桁低いので、HF帯ではちょっと力不足のようです。
同軸を巻いていない分、巻線間容量が無いので、高域での特性劣化は
少ないはずです。
手持ちの測定計では、高域の特性が上手く測れず、残念です。

« 全市全郡コンテスト 2013 | トップページ | 6m AND DOWN コンテストのLog Check Reportと結果発表 »

無線(アンテナ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/58385425

この記事へのトラックバック一覧です: RFチョーク/コモンモードフィルタの特性:

« 全市全郡コンテスト 2013 | トップページ | 6m AND DOWN コンテストのLog Check Reportと結果発表 »