2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 6m AND DOWN コンテストのLog Check Reportと結果発表 | トップページ | 同期検波回路 »

2013年10月27日 (日)

3.5MHz用マイクロバートアンテナの製作 (3:完結)

10月13日の状態から、特に変更はしておりません。
昨晩、3.5MHzに出てみようと、リグとアンテナを設置しました。

3.5MHzをワッチして見るも、7MHzと同様に移動サービス局か和文QSOの局しか
聞こえてきません。
移動サービス局とのQSOでは、レポートは大概599しかもらえませんので、
どの程度飛んでいるか参考になりません。

そこで、欧文ラバースタンプQSOを狙って何回もCQを出すも、飛んでいないのか、
それとも相手にされていないのか、いっこうに応答がありません。
CWをするなら、和文をやれということでしょうか。
30年前に試験のために覚えた和文は、もう全く使い物になりません。

埒があかないので、移動サービス局を呼ぶことにしました。
ただし、そのままでは面白くないので、5Wまでパワーを落として呼ぶことにしました。

まずは、5エリアの記念局。誰も呼ばなくなったのを見計らい、コールしてみます。
すると一発で、ミスコピー無くコールバックがありました。
しかしその後、こちらからのレポートは取れなかったようです。ちょうどQSBの谷になったようで、
信号が沈んだのでしょう。50Wまでパワーを戻してレポートを送ったら、ちゃんと
コピーしていただき、QSOが成立しました。

もう1局、1エリアの方と同じような形でQSOしました。
この日はこれら2QSOで終了です。

まあ、5Wでもピックアップしてもらえたということで、良しとしました。
50Wと比べて-10dB、Sメーターで2〜3程度でしょうから、5Wでのレポートが419ぐらい
だったとすれば、50Wだと539〜549ぐらいの感じでしょうか。
これぐらいあれば、混信やノイズさえなければ、充分QSOできそうです。

狭いベランダの中に、16m強ものカウンターポイズを展開するのは、結構きついです。
何度も折り返しつつ展開していますが、MVアンテナの性能を落としていることと思います。
しかし、現状ではこれ以上顕著に改善させる策も無いので、3.5MHzのMVアンテナも
これでFixにしようと思います。

1.9MHzのMVアンテナは、ハードルがかなり高いので、今のところ計画なしです。

« 6m AND DOWN コンテストのLog Check Reportと結果発表 | トップページ | 同期検波回路 »

無線(アンテナ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/58465765

この記事へのトラックバック一覧です: 3.5MHz用マイクロバートアンテナの製作 (3:完結):

« 6m AND DOWN コンテストのLog Check Reportと結果発表 | トップページ | 同期検波回路 »