2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 10MHz用マイクロバートアンテナの製作 | トップページ | 3.5MHz用マイクロバートアンテナの製作 (2) »

2013年10月 6日 (日)

3.5MHz用マイクロバートアンテナの製作 (1:準備)

いよいよ3.5MHzのMVアンテナを作るべく、この週末材料を集め始めました。

ラジエータを長くしたいのは山々ですが、マンションのベランダに設置という
制約の故、7MHzや10MHzと同じく、ラジエータ長は1.5m弱を目標とします。
Φ25mm 1mのアルミパイプと、Φ22mmのアルミパイプを継ぐことにします。

ラジエータが1.4mだと、コイルに必要なインダクタンスは約115µHです。
これをVP25の塩ビパイプ(外径32mm)に巻くとなると、計算上約120回巻になり、
エナメル線が約13mも必要になります。

10m以上のエナメル線を入手しようとすると、リール巻の500g or 1kgもの
になり、金額も嵩みますし、多量に余ってしまいます。
そこで今回は、VP50(外径60mm)の塩ビパイプに、Φ1.0mmのポリウレタン
エナメル線を巻くことにします。115µHを得るには、計算上約50回巻となります。
必要なエナメル線は約9.5mで、ちょうど良さそうです。

カウンタポイズの同軸は、7MHz用の3D-2V 8.4mに同じものを継ぎ足すことに
します。そのために7MHz用のカウンタポイズは、最初から同軸コネクタの片側を
MP-3(プラグ)、もう片方をMJ-3X(ジャック)として作っています。

RFチョークは、今回新調しようと考えています。
トロイダルコア FT240-43を少し入手したので、新たに何種類か作製します。
同軸は、耐熱性も考慮し、3.5D-QEFVを巻くことにしました。
 ①FT240-43 1枚で、3.5D-QEFV 15回 W1JR巻き
 ②FT240-43 2枚スタックで、3.5D-QEFV 12回 W1JR巻き
 ③FT240-43 1枚で、3.5D-QEFV 15回 W1JR巻きを直列2段
の三種類を考えています。
コモンモードフィルタとしても使えるので、無駄にはならないと思います。

というわけで、その他諸々の材料を集めただけで週末が終わってしまいました。
続きは来週以降です。

« 10MHz用マイクロバートアンテナの製作 | トップページ | 3.5MHz用マイクロバートアンテナの製作 (2) »

無線(アンテナ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/58334638

この記事へのトラックバック一覧です: 3.5MHz用マイクロバートアンテナの製作 (1:準備):

« 10MHz用マイクロバートアンテナの製作 | トップページ | 3.5MHz用マイクロバートアンテナの製作 (2) »