2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 7MHz用マイクロバートアンテナの製作 (6:完結) | トップページ | 3.5MHz用マイクロバートアンテナの製作 (1:準備) »

2013年9月23日 (月)

10MHz用マイクロバートアンテナの製作

三連休の最終日、今度は10MHzのMVアンテナを作ってみました。
材料は7MHz MVアンテナと同じです。

コイルは、VP-25の塩ビパイプに1.2mmのポリエステルエナメル線を
巻いたもので、23回巻きから調整を始め、最終的に19回巻きとしました。

ラジエータは、Φ25mm 1mのアルミパイプにΦ22mmのアルミパイプを
継いだもので、調整後の長さは1.38mとなりました。

カウンタポイズの同軸は3D-2V 5.8mとし、両端にそれぞれMP-3、MJ-3Xの
コネクタを付けています。

RFチョークは、いつもCMフィルタとして使っている、FT240-43に3D-2Vを
15回W1JR巻きしたものです。

リグで測定したSWRは、バンド内で1.3以下となり良好です。
HFV5改との比較では、SWRはMVの方がブロードな特性でした。

201309230001

受信比較では、シグナル/ノイズともほぼ同等の結果です。
送信比較は行っていません。おそらく大差なしではないかと思います。

MVアンテナの方がコンパクト・軽量かつSWRがブロードなので、
うちの環境ではこちらに軍配が上がります。

飛びの方も確認してみたくなりましたが、コンディションが良くないのか、
バンド内が閑散としているように見えます。
8エリアのOMがCQを出しているのを見つけコール。すぐにコールバック
してもらい。QSOできました。

その後CQを出してみるも、ほとんどが空振りです。それでも何とか、
8エリアと7エリアの方と1局ずつQSOできました。
物足りなさを感じましたが、今日はこれだけで終了。

« 7MHz用マイクロバートアンテナの製作 (6:完結) | トップページ | 3.5MHz用マイクロバートアンテナの製作 (1:準備) »

無線(アンテナ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/58251152

この記事へのトラックバック一覧です: 10MHz用マイクロバートアンテナの製作:

« 7MHz用マイクロバートアンテナの製作 (6:完結) | トップページ | 3.5MHz用マイクロバートアンテナの製作 (1:準備) »