2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 144MHz 6エレ八木アンテナの製作、結果は割と良好 | トップページ | 430MHz 12エレ八木アンテナの製作 (結果) »

2012年12月31日 (月)

今度は430MHzのアンテナを製作 (準備)

日付が変わり、大晦日になってしまいました。

既製品のエレメントを流用した144MHz 6エレ八木で割と良い結果が得られたので、
今度は430MHzのアンテナにも手を出してみようと思いました。

430MHzのアンテナも、以前購入したクリエートの2X713A (13エレX2)が物置で
長い間眠っているので、これを利用することにします。

まずは給電部がどうなっているか、分解です。

201212290001

144MHzと異なり、フォールデッドタイプになっています。また、バランらしき
物は見当たりません。自己平衡作用があるからでしょうかね。
リフレクタのエレメントも一体となっていますが、給電はされていません。

あと430MHzでは、手持ちのアンテナアナライザが対応していません。SWR計も
持ってなかったので、仕方なく購入することにしました。
ケーブル、N型コネクタ、クランプ、ねじ類など揃えたら、結構な出費になりました。
金欠ハムにはとても堪えます。

ブームは144MHzより一回り小さく、15mmX15mmのアルミ角パイプにしました。
強度が心配ですが、アンテナを常設する訳でもないので、とりあえずこれで進めます。
ブーム長は2m(角パイプを買ってきたそのままの長さ)とします。

エレメントを仮止めして、SWR計を見ながらエレメント間隔を調整していきます。
雨が降っており、また外は寒いので、部屋の中で作業しました。
インピーダンスがわからないので、調整がやりづらいですね。
全てのエレメント長は変えませんし、かつリフレクタの位置も決まっており、
さらに先頭のエレメントの位置もブームの端と決めたので、制約条件多く中々SWRが
思うように下がりません。子供にも調整を手伝わせ、何とかSWR 1.5まで落とせ
ました。エレメント数は12本です。でも何か、エレメント間隔に違和感があり、
大丈夫かなと少し不安です。

今日はここまで、明日以降エレメントを本止め予定です。
ベランダに設置した状態では、SWRがどうなるでしょうかね。

« 144MHz 6エレ八木アンテナの製作、結果は割と良好 | トップページ | 430MHz 12エレ八木アンテナの製作 (結果) »

無線(アンテナ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/56430543

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は430MHzのアンテナを製作 (準備):

« 144MHz 6エレ八木アンテナの製作、結果は割と良好 | トップページ | 430MHz 12エレ八木アンテナの製作 (結果) »