2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« シュペルトップバランの原理をようやく理解 | トップページ | 平衡度メータの作製 (2) »

2012年10月 6日 (土)

バラン製作の下準備:平衡度メータの作製 (1)

ここしばらく何もできていませんでしたが、OMから紹介いただいた
分岐導体型バランについて少々調べていました。
その作り方と動作原理についてある程度解ったので、作ってみようと
思いました。

まずその前に、作製したバランの動作確認と調整用に平衡度メーターを
作ることにしました。フェライトコアに巻くような広帯域バランだと
作りっぱなしでもそこそこ動作するでしょうが、分岐導体型やシュペル
トップのような同調型だと、最終的に合わせ込みが必要に思います。
トロイダルコア活用百科に載っているような簡単なものでも、私に
とっては充分です。

昼頃日本橋まで出かけ、部品を集めました。
プリント基板を起こすまでもないほど簡単な回路ですが、今後
CQマシーン作製に向けての練習を兼ねて、作製することにしました。
今日はプリントパターンのアートワークをしたところで終了です。
簡単な回路だったので、基板CAD(Eagleなど)を使わず、PCのお絵かき
ソフト(Illustrator)で描きました。

何か方向がどんどんずれていき、目標を見失ってしまわないかと
心配です。最終ゴールはアンテナを作ることですが、バランを作った
ところで満足してしまわないようにしなければなりません。

今日はいろいろと疲れたので、全市全郡コンテストに出るのは諦め
ました。明日気が向けば出たいと思います。
工作の続きも並行して行いたいです。

« シュペルトップバランの原理をようやく理解 | トップページ | 平衡度メータの作製 (2) »

無線(工作)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/55831429

この記事へのトラックバック一覧です: バラン製作の下準備:平衡度メータの作製 (1):

« シュペルトップバランの原理をようやく理解 | トップページ | 平衡度メータの作製 (2) »