2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« OS-X Mountain Lionへの移行 | トップページ | HFV5で10MHz, 18MHz, 24MHzトライバンド »

2012年8月 5日 (日)

50MHz アローラインでの追加確認

給電部にフロートバランを入れて失敗した50MHzのアローライン
ですが、少し確認したかったことがあり、実験してみました。

フロートバラン(コモンモードフィルタ)の入れる場所を、
給電点から1/4λのところにしたらどうなるかということです。

ちょうど電流分布の節になる部分ですし、スリーブアンテナも
1/4λ外側導体を折り返すので、何か様子が変わるのではないかと...。

しかし結果は、あまり大した効果なしでした。

50MHzの1/4λ×同軸の短縮率(0.67)である1mの中継
ケーブルを作り、以下比較実験をしました。

①給電点にフロートバランを入れる。
②給電点に1mの中継ケーブルをつなぎ、コモンモードフィルタを入れる。
③給電点に1mの中継ケーブルをつなぎ、直接同軸をつなぐ

受信の信号強度は、①②③ともほとんど変わりませんでしたが、
ノイズが①(S=3) > ②(S=2) > ③(S=1)の順になりましたので、
S/N的には③の直接同軸をつなぐのが良い結果でした。

さらに、前回に確認できていましたが、リグの直後に
コモンモードフィルタを入れると、さらにノイズが改善されました。

この③の条件にて、昨日今日開催のフィールドデーコンテストで
少々QRVし、確認してみました。

残念ながらEsが出ている状況下の確認はできませんでしたが、
GWでは、大分から静岡ぐらいまでQSOできました。鳥取や岐阜、
長野の局も結構メータが振っていました。
カスカスで聞こえてくる局も、呼んだら応答がありました。
6m & Downのときよりは、明らかに改善しています。
とりあえず、50MHzのアローラインの給電部は、これでFixですね。

フィールドデーコンテストは、パラパラと呼びに回っただけなので、
50MHz CWのみの22QSOで終わりました。
電子ログだけは出しておこうと思っています。

« OS-X Mountain Lionへの移行 | トップページ | HFV5で10MHz, 18MHz, 24MHzトライバンド »

無線(アンテナ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587346/55358369

この記事へのトラックバック一覧です: 50MHz アローラインでの追加確認:

« OS-X Mountain Lionへの移行 | トップページ | HFV5で10MHz, 18MHz, 24MHzトライバンド »