2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

カテゴリー「無線(PCソフト)」の6件の記事

2016年12月31日 (土)

WSJT-Xをv1.7にアップデート

しばらくQSOはしていなかったのですが、たまにPSKRを見ていると
最近MSK144なるモードでのQSOが散見されるようになりました。
ネットで調べてみると、主に流星散乱通信用で使われるモードで、
WSJT-Xのv1.7にも追加されたようです。

免許へMSK144を追加するのは年明けにするとして、
まずはWSJT-Xをv1.7にアップデートしようと思いました。

実は今年の9月ぐらいに、WSJT-X v1.7.0rc2をインストールしてみたことがあるのですが、
wavファイルの書き込みができないというエラー表示が頻発して、
v1.6に戻したという経緯があります。
最近正式にv1.7がリリースされた(バージョンはv1.7.0 r7405)ようなので、
アップデートを再トライしてみることにしました。

プログラムはここからダウンロードしました。
インストールは程なく終了し、早々に起動させてみましたが、
残念ながらやはりエラー表示が出ます。
毎分50秒くらいにデコードをしますが、そのタイミングでwavファイルを
 C:\Users\ユーザー\AppData\Local\WSJT-X\save
に書き込もうとするのですが、そのフォルダのパスが見つからない
とエラーメッセージが出ます。
ちなみに、実際にはそのディレクトリに"save"フォルダは存在しています。

アンインストールして再インストールするなど、色々試しましたが、中々解決しません。
仕方ないので、WSJT-Xに関連するファイルをすべて削除し、
かつレジストリもすべて削除した上で再インストールしたら、ようやく解決しました。
どうやら前のバージョンで作成された"save"フォルダに、v1.7からのアクセス権限が
なかったように思います。

さて、無事WSJT-X v1.7をインストールできましたが、初期設定ファイルも削除してしまったので、
すべて最初から設定し直さないといけません。
リグコントロールの設定が上手くいかずもたつきましたし、TX MACROも作り直しになり
使える状態になるまでちょっと時間が掛かってしまいました。

その後JT65Aはv1.6と変わらず使えています。
MSK144は50.280MHzでしばらくワッチ(リグの電源ONの状態で放ったらかし)してみましたが、
今日は何もデコードすることはありませんでした。

MSK144やQRA64などのモードが追加されているようなので、年明けには免許の変更届を
出そうと思います。

2015年9月19日 (土)

eQSLを使い始めました。

eQSLccのアカウントは随分前に取っていましたが、これまで全く活用していませんでした。
最近JT65を始めたりして、海外局とのQSOも少しずつ増えてきたこともあり、eQSLも活用すべし
と思い始めました。

ただ、"Authenticity Guaranteed"を取得しておかないと、カード交換してもアワードに使えず、
相手局に迷惑を掛けてしまいかねないです。
そこで、免許状のコピーをアップロードし、 Authenticity Guaranteedの取得を申請しました。
承認完了まで2~3日掛かるとのことでしたが、何と数時間で即日に承認していただきました。
迅速な対応をいただき、本当に感謝いたします。

早速、HamlogからログデータをADIFファイル形式でエクスポートし、eQSLにアップロードしました。
今後も定期的にログデータをアップロードしていき、eQSLを活用していこうと思います。

2014年9月 6日 (土)

パソコンを買い替えたのは良いのだが...

先週買い替えたパソコン上に、直前まで使っていた環境を完全に復元することに手間取っています。

パソコンはMacなのですが、MacOS側のデータや環境は、ほぼ元通りになりました。
Bootcampで動かしているWindows7側が完全復元できません。

zlogを起動しようとすると、Windows7が落ちて強制再起動になります。何遍やっても同じです。
ネットで調べると、同じような症例が見つかりましたが、有効な(確実な)対処法は無さそうです。
この際CTESTWINに乗り換えようかと思っています。
まだ迷っていますので、試してはいません。

ハムログのデータは、何とか復旧できました。
このデータがパーになると、シャレになりません。

2014年5月18日 (日)

ハムログに乗り換え

いまさらかも知れませんが、ロギングソフトをハムログに乗り換えてみました。
でもこの乗り換え、本意ではありません。

私のパソコンは、ずっとMacを使っています。
ログソフトは、MacOS上で動くFileMaker Proを使って、自分なりにアレンジしたものを使ってきました。
ロギングはもちろん、QSO履歴検索やQSL発行など、そこそこの事はできます。

コンテストはzlogを使っていますが、bootcampでWindows7に切り替えて動作させています。
zlogのデータは、テキスト形式で出力し、Excelを経由することで、FileMaker Proにデータを
インポートしてきました。
頻繁にコンテストへ参加しているわけではないので、この変換作業も苦にはならなかったです。

しかし、最近RTTYなどを始め、MMTTYやMMVARIなどを使い始めました。
SSBやCWとRTTYとを行ったり来たりしていると、FileMaker ProとMMTTYを交互に使うことに
なり、Mac OSとWindowsを切り替える必要があります。その度に、パソコンを再起動させてきました。

何か上手いやり方は有るのでしょうが、皆さんお使いのハムログを試してみることにしました。
MMTTYをはじめ、連携しているソフトが多いので、便利とは思います。
また、リグと接続して、周波数やモードの情報を取り込むことができるのも、良いと思います。

ところが、操作性の違いから、使い勝手が悪く感じる箇所もいくつかあります。
それが仕様でしょうから、慣れるしかないのだと思います。
当面は使い続けてみようかと思いますが、ハムログユーザーへの登録は様子見にします。

FileMaker Proへ戻すときには、csv形式で出力したデータを、Excel経由でインポートすれば
良いはずです。バックアップ代わりに、ときどきFileMaker Proへデータマージしておこうと思っています。

2013年8月24日 (土)

CW Freak.NETを再インストール

ウイルス対策ソフト「カスペルスキー」に蹴られていた CW Freak.NET ですが、
Webで検索しても似たような事例は無さそうなので、再インストールすることに
しました。

そのままの設定では、カスペルスキーはダウンロードすらさせてくれません。
何とかインストールし直し、CW Freak.NET がブロックされないようカスペルスキーの
設定を変更することにより、 何とか使えるようになりました。

ただ、なかなか高速CWには耳がついて行かず、瞬発的な記憶能力も劣っているので、
相変わらず上達しません。

2013年7月28日 (日)

CW Freak.NETが起動できなくなった

CW早聞きソフトの「CW Freak.NET」をダウンロードさせていただき、ヘボい耳の
訓練をしていたのですが、一昨日あたりからソフトが立ち上がらなくなりました。

何故か、ウイルス対策でインストールしている、カスペルスキーでブロックされます。
スキャンすると、「トロイの木馬が見つかりました」と...。
ネットで調べても、そのような報告事例は無さそうですし、私のPC環境だけなのか。

カスペルスキーに「CW Freak.NET」は"駆除"されてしまい、アンインストールする
はめになってしまいました、残念!!

かろうじて、XP用の「CW Freak」は引っ掛かっていないようなので、今はそちらで
楽しむしかありません。